【ソリックブックス】 74歳のエッセイスト!鮮烈デビュー 「3冊の「ロング・グッドバイ」を読む―レイモンド・チャンドラー、清水俊二、村上春樹― 松原元信 著

  
ホームソリックブックス トップ発行元お問い合わせ主な紹介記事

74歳のエッセイスト!  鮮烈デビュー



3冊の「ロング・グッドバイ」を読む

―レイモンド・チャンドラー、清水俊二、村上春樹―


著者: 松原元信


発行日:2010/10/16
サイズ:A5判
ページ数:200
定価:953円+税

ご購入はこちらから

ご購入」ボタンを押しますと、メール送信画面になります。メールのタイトルを「購入」とし、下記項目を本文にご記入の上、送信してください。

■書名
■申し込み冊数
■お名前
■郵便番号、住所、電話番号
■メールアドレス
■ご感想




レイモンド・チャンドラーはすでに没後51年になりますが、その作品、とりわけ「ロング・グッドバイ」は不朽のハードボイルド作品として煌き続きています。日本では34年前に清水俊二訳「長いお別れ」、3年前に村上春樹訳「ロング・グッドバイ」があります。本書はこの3冊を読み比べした痛快エッセイです。

著者の松原元信氏は現在74歳。早大政経学部経済学科を卒業して東洋電機製造鰍ノ入社。この会社一筋に働き、71歳で引退。その時に出会ったのが、村上春樹訳「ロング・グッドバイ」でした。若き頃の清水俊二訳「長いお別れ」がよみがえり、その違いを実感したことから今回の作業になりました。

松原氏は本書の「長いあとがき」で次のように述べています。
村上春樹氏は「ロング・グッドバイ」 の訳者あとがきで、「完全な翻訳」か「多少削ってあっても愉しく」かは読者にお任せしたいと記している。その後の「併せて楽しみたいという熱心な読者がいればとても嬉しい」という文章に、僕は少なからず触発された。

となれば、原書に当たってみなければどこがどうなのかがわからない。そこで、極めて典型的なサラリーマン人生を引退して時間ができた僕は、70歳を超えた老体に鞭打って「3冊読む」ことに挑戦した。

その作業は奥深く、難儀なものではあったが、とてつもなく愉しいことだった。いろいろと調べて下手なスケッチまでしてしまった。さらに、読者の皆様と愉しみを共有できれば幸いだ。(本文「長いあとがき」から抜粋)

本書は松原元信氏の初の書き下ろしです。
本書の帯には、次の方々から応援をいただきました。

「没後50年 のチャンドラー、そしてマーロウは永遠のヒーロー」(著作権代理人:甲斐美代子氏)

レイモンド・チャンドラー著「The Long Goodbye」を頂上に据え、半世紀の時の流れを挟み、2人の作家が翻訳にアタックした。清水俊二。映画字幕の切れ味を武器に、小気味良く縦横無尽に原文を駆け抜けていく匠。村上春樹。文芸の薫りを蔓延させつつ、緻密に原文の軌跡を辿りゆく巧。私が惚れた主人公マーロウは三者三様。私と同じ気持であろう著者の果敢な挑戦に乾杯!(チャンドラー・ファン:山田千晶氏)

チャンドラーが、話の小道具に使う車、拳銃、酒、煙草についても、著者の飽くなき追求には脱帽。2訳文の研究は翻訳の勉強にもなった。ハリウッド近くに住んでいた自分としては、マーロウの行動を追う旅にも興味が湧いた。翻訳の勉強にもなった。(国際技術交流コンサルタント:佐山一郎氏)


松原元信(まつばら もとのぶ)

1936年広島県呉市生まれ。1958年早大政経経卒後、東洋電機製造(株)入社、この会社一筋に働き、2007年に71歳で引退。趣味はゴルフ。モルトウィスキーとあらゆる煙草をこよなく愛す。少々凝り性で、2007年に刊行された村上春樹訳「ロング・グッドバイ」を読み、若かりし頃読んだ清水俊二訳「長いお別れ」の興奮が甦り、原著に遡って比べ読みする今回の作業となった。現在は隠居。
●発行元
株式会社ソリック( 英文名:SoRiQ, Inc. )
東京都港区六本木3-5-28-714
URL:www.soriq.jp
mail:welcome@soriq.jp
tel :03-5805-8855
fax :03-5805-8856
     トップへ戻る

Copyright(C) SoRiQ Inc.All Rights Reserved.