【ソリックブックス】 長野県川上村の農業による村おこし 「年収2500万円の農村づくり」 藤原忠彦 著

  
ホームソリックブックス トップ発行元お問い合わせ主な紹介記事

逆境をバネに豊かな農村を作り上げた男「藤原忠彦」  初の書き下ろし



平均年収2500万円の農村 

―いかに寒村が豊かに生まれ変わったか―


著者: 藤原忠彦


発行日:2009/1/14
サイズ:四六判
ページ数:164
定価(税込):1,575円

ご購入はこちらから

ご購入」ボタンを押しますと、メール送信画面になります。メールのタイトルを「購入」とし、下記項目を本文にご記入の上、送信してください。

■書名
■申し込み冊数
■お名前
■郵便番号、住所、電話番号
■メールアドレス
■ご感想




長野県川上村に日本の農業、林業を復活させる鍵がある

かつては貧しい寒村だった長野県川上村。それが今や、日本一のレタス王国になりました。農家607軒の高原野菜の販売額は2007年に約155億円と、平均収入は2500万円を超えました。その農業従事者は30代が14.1%(全国平均は3.3%)、40代が22.6%(同6.1%)と、まさに働き盛りが農業に取り組んでいます。

日本は高度経済成長期を境に、急激に若者の農業離れが進み、今日では、多くの農山村が、過疎化、高齢化、後継者難などの問題を抱えています。農林水産省の2005年農林業センサスによると、農業の新規就業者のほとんどは定年退職を迎えた団塊の世代であり、65歳以上のいわゆる高齢者が増えているといいます。

川上村では農業後継者が育ち、家族も増え、出生率も全国トップクラス、おまけに医療費も全国トップクラスの低さです。「健康な村」と言っていいでしょう。

後継者のいない産業はやがて衰退します。安全でおいしい食料は、やはり国産が一番です。さらに農山村が果たす役割に、「食料の供給」のほかに、「自然環境を守ること」と「現代生活に疲れた人々に癒しを与えること」があるのではないかと思います。そういう意味で、農山村は「屋根のない学校」であると同時に、「屋根のない病院」でもあるのです。

人、物、金のすべてが東京に集まる一極集中により、農山村ばかりか地方都市も疲弊し、東京と地方との経済格差が大きな問題となっています。この問題を解決するには、地方は、ミニ東京をつくるのではなく、特色ある地域づくりや他の産地に負けない特産品で活性化することが大切です。

そのためにはどうすればいいのか。地方の自治体の行政に携わっている方々の多くが頭を悩ませているのではないでしょうか。村営バスの運営や農村の情報化、さらにはヘルシーパーク構想や24時間オープンの図書館など、私が行ってきた「村づくり」を紹介することで、少しでもそうした方々の参考になれば幸いです。

私は農業に従事して50年、川上村長に初当選してから20年を迎えました。村の根幹である高原野菜のための土壌改良、新種開発、機械化、情報化、ブランド創り、そして輸出と、村民と共に多くの努力を積み重ねてきました。その「村づくり」の軌跡を一冊の本にまとめました。

地球温暖化をストップさせ、安全な食料を確保するためには、農業や林業の復活がカギになると思っています。二酸化炭素の削減も大切でしょうが、もっと大切なことは、農業や林業を現代に、いえ未来にわたって甦らせること――。農業は私たちの命を守る「生命産業」であり、林業は自然環境や水を守る「生命維持産業」だからです。


目  次
まえがき
第1章  “強い農業”への大変身
第2章  水田からレタスに転換
第3章  川上村が中央官庁を動かした
第4章  川上ブランドを世界へ
第5章  農業と林業に特化
第6章  “川上犬”は村民の心の支え
第7章  都市と農村の融合を目指して
付録  資料編

本書は藤原忠彦氏の初の書き下ろしです。次の方々から応援をいただきました。

   俳優/NPOふるさと回帰センター顧問
   菅原文太氏
   「ここに"日本人の底力"がある」

   アサヒビールの奇跡の復活を成し遂げた男
   アサヒビール名誉顧問 中條高徳氏
   「川上村に日本の農業、林業を復活させ
  る鍵がある」


   日本農村情報システム協会副会長
   坂尾  彰氏
   「農業にも情報化は必須。藤原村長の企
   画力に脱帽した」


   第76代内閣総理大臣
   海部俊樹氏
   「愛犬ネネのふる里に魅せられた」

藤原 忠彦(ふじわら ただひこ)
長野県川上村長。1938年長野県南佐久郡川上村生まれ。長野県立臼田高等学校中退。農業に従事した後、川上村役場職員に。企画課長を経て、1988年川上村長に就任。現在6期。21年目。長野県町村会長、全国町村会理事・行政部会長、全国行政部会長を務める。全村のCATV導入など農業情報ネットワークシステムの構築や村営バスの運営、24時間図書館、森林文化の発信など先進的な村づくりで注目されている。
「都会の女子学生が、夏休みにアルバイトで川上村を訪れたのをきっかけに、川上村に嫁ぐことが多くなった」と目を細める。
●発行元
株式会社ソリック( 英文名:SoRiQ, Inc. )
東京都港区六本木3-5-28-714
URL:www.soriq.jp
mail:welcome@soriq.jp
tel :03-3505-8671
fax:03-3505-8672
     トップへ戻る

Copyright(C) SoRiQ Inc.All Rights Reserved.