静岡県伊東市岡広町1-7(伊東市立西小学校裏)
TEL 0557−37−9403






「なぜかここに足が向いてしまうんだよね
気がつけばこのカウンターに座っている」と先日、馴染みにお客様に言われました。お馴染みさんですので当然のことといえばその通りなのですが、よく考えてみると、こんな嬉しいことはありません。

その少し前にはこんなこともありました。伊東で育ち、ここからお嫁に旅立った昔の馴染みさんが、お父さんとお母さん、それにご主人とお子様をお連れになってお見えになりました。それだけでも嬉しかったのですが、こうおっしゃいました。「ここにくるとホットするんですよね」と。

ともすれば敷居の高いお寿司屋さんが多い中で、「この店は安心して来れます。食べたいものを十分にいただけます」というメッセージが込められているように思いました。ほかのお客様もいらしたので、いい宣伝にもなりました。

千葉県で生まれ育った私は、早くから寿司職人の道を歩み始めました。幸いにしていい師匠にめぐり会えたのですが、修行の身ゆえに辛いこともありました。師匠に気に入られないことにはどうしようもありません。しかも師匠に気に入られたとしても、さらに雇ってくださる店主も気に入ってくれなければなりません。

結局、両者に認めていただく近道はお客様の喜んでいただくことでした。心底からお客様のために。その一心でした。それともうひとつ。やはり、職人として「技を磨く」ことに打ち込みました。

私は、どんなご商売でも「職人さん」が大好きです。職人さんには、一筋に技を磨き上げてきた人が多いからです。そうでないと、職人として生き残れません。寿司職人として生きてきた私にとって、なにか共通のものを感じるからかも知れません。この歳になっても私は「まだまだ」と思います。「美味しいお寿司をお安く。心を込めて」。今は、その一心です。

私はこれまで、店の宣伝ということを一切したことがありませんでした。ある知り合いから「今はインターネットの時代だから」と聞かされ、ホームページを作ってみることにいたしました。ついでに店のチラシもできてしまうとのことで、それもお願いすることにいたしました。

さてその宣伝が真実かどうか。伊東の温泉に来られましたら、是非ともお立ち寄りください。心からお待ち申し上げております。

千成寿司 店主  林 賢次




Copyright(C) 2007 sennarizusi All Rights Reserved.